くれなゐの/源実朝



夕焼けの「紅」に没頭して身も心も染まっていくような歌。日常の嫌なことも良いことも全部通り抜けて、ただただ、そこに紅があるだけ。

ue2.png